ICTはゴールではない。目的を達成するためのベストパートナーである。

探究型学習に役立つツールとして導入したICT。今では学校生活の様々な場面で活用が進んでいます。教科学習から生徒会、委員会、部活動に至るまで、 ICTは欠かせない存在です。タブレット端末やインターネット、情報機器を使って楽しく快適で、先進的な学校生活を送りましょう。
大人顔負けのICTユーザーになることも、あなた次第で可能です。

ICT × 探究

テーマ設定

iPadのアプリを使って生徒たちのアイデア発想を補助します。ポストイットアプリを使ってタブレット端末上でアイデアマップを構築したり、マインドマップで思考の整理を行うこともできます。

情報収集

全館WiFiの環境を使って、iPadからいつでも、どこでもインターネットへアクセスし、知りたいことを調査することができます。図書資料の検索もiPadから行うことができます。

情報分析

表計算ソフトでの統計処理、アンケートの集計や解析など、WEBサービスを使って情報分析を行います。

論文執筆

Googleドキュメントで論文を作成し教員と共有します。クラウド上にある論文はリアルタイムで編集でき、教員から添削を受けることもできます。

プレゼンテーション

スライド作成ソフトでプレゼン資料を作成します。クラウド上のサービスであればチームで同時編集することができるのでコラボレーション力の育成にもつながります。

評 価

Googleアンケート機能を活用し、探究型学習の評価を生徒、教員、外部評価者から得ることができます。アンケート結果を分析することで、次回の探究に活かしています。

ICT × 教科

技術科

ビジュアルプログラミングで「日本むかし話」のアニメ制作やプログラミングロボの制御実験を行います。
プログラミングの学習を通して「論理的思考力」「批判的思考力」の育成を目指します。

国語科

Twitterで長文要約の授業を実施しています。
画面に映し出された回答を国語科の先生がリアルタイムでチェックをしていきます。
限られた文字制限の中で作品を表現する力を身につけます。

青翔開智の情報モラル・マナー

“制約を極限まで取り除き、社会と同じ状況を想定してICTの活用を進める”
これが本校のICTビジョンです。
いつでも、どこでも、生徒同士が協力し、ICTを駆使しながら課題や問題に挑むのが理想の姿です。しかし、これだけ「自由」にICTを使っていくには大きな「責任」が伴います。
本校では「ICT委員会」が中心となって生徒自身が校内におけるICT利用ガイドラインを作成し運用を進めています。

学校生活 × ICT

生徒会・委員会

ホワイトボードに記録をとるだけでなく、議事録はGoogleドライブ等に保存しチーム内で共有します。また予算管理等もクラウド上で行うことでペーパーレスな組織を目指します。
生徒会・委員会活動をする上でICTツールは欠かせない存在となっています。

ビジネスメール、スケジュール学習・成績管理

先生や外部講師とのやり取りはビジネスメールで。メールの書き方は技術や情報の授業で習得します。
また、学習支援システムClassiで学習の進捗や成績の管理を行います。
保護者への配布物や成績開示もClassi上で行っています。

本校のICT利用ガイドライン(一部抜粋)

【前文】

本ルールは、青翔開智の節度あるICT活用を促進するとともに、生徒各々の自己判断力を高め、本校の教育方針である「探究」「共成」「飛躍」を推進するものである。

【ICT三大原則】
1.「積極進取」

・本校の生徒は、向上心をもって自ら物事に取り組む人間であるとし、そのためにICT設備は積極的に活用して良い

2.「周囲への配慮」

・公共での使用の際、周囲への影響を考慮した上で扱えるものとする。

3.「自己管理」

・ICT機器本体及びその利用は自己で管理しているものとする。

・規則は時と場合を有するため、自己判断で優先順位をつけ選択するものとする。

上記を全て厳守している場合、自由に機器を利用できるものとするが、先生や生徒、地域の方から苦情があった場合、協議の上ルールを追加する場合がある。