“「図書館」の中に「学校」がある” 生徒の〈読む〉〈調べる〉を支える智の拠点

校舎の中に図書館があるのが従来の学校。青翔開智は校舎全体が図書館です。校舎中央のラーニングセンターを中心として、いたるところに本棚が設置されています。教室や空間に呼応した図書資料を配架していくため、場所と本が結びついた有機的な出会いを生徒にもたらします。
一人ひとりの興味関心や、必要な情報はさまざま。生徒それぞれの探究の内容に沿った資料を、豊富にかつスピーディーに提供していくことを運営方針としています。

学校全体で取り組む「探究基礎」と読書推進活動

毎日の朝読書を始めとして、授業や学校行事と連携して全校で読書推進に取り組んでいます。
中でも本校の骨格となる「探究基礎」の授業では、生徒一人ひとりが設定する研究テーマ・論題にもとづいた資料提供を行っています。

ICTを活用した図書館環境

校内全域がインターネットに接続しており、生徒全員がiPadを所有しているため、図書・インターネット・データベースなど複合的な情報収集が可能です。

県立図書館との連携システム

学校にない資料も、鳥取県立図書館からの借受により提供。100万冊の本を手配することができます。
最短2日で届く配達サービスをフル活用して提供しています。

生徒の声を反映した蔵書

開校まもないこともあり、県内一の図書購入予算を確保し蔵書の増強につとめています。
メールでのリクエスト受付や選書会など、生徒の要望に応えながら蔵書の充実をはかっています。

活発な図書委員会活動

生徒自身が企画・運営し読書推進のリーダーとなっています。
中学生と高校生が協働し、異学年交流の機会にもなっています。

基本情報(平成27年度)

◆蔵書数:6,754冊
 ※毎年 約3,000冊ずつを目標に増加中
 雑誌12タイトル/新聞2紙
 新聞記事検索データベース2種
 専用パソコン2台設置

◆生徒一人当たりの年間貸出数
 中学生:34.2冊/高校生:30.0冊

朝の10分間読書

開校時より「朝の10分間読書」に取り組んでいます。
毎朝8時30分からの10分間、全校生徒・全教職員が読書をします。
月・火・水曜日は各自が好きな本を読み、木曜日は新聞記事を読む日です。また平成28年度からは、金曜日に200字作文の取り組みがスタートしました。

「読むチカラ」と「書くチカラ」、情報のインプットとアウトプットをバランスよく身につけることができます。

iPadで本を探そう! 蔵書検索

生徒は各自のiPadで蔵書検索を行っています。
どの書架にあるのか、校内マップで確認することもできます。
また、読書記録アプリ「ブクログ」を使って読んだ本を記録しています。

Webで予約、メールでリクエスト

読みたい本が貸出中の場合、iPad上で予約することができます。
また、蔵書にない本も購入リクエストをすることができます。

リクエストは校内に設置されている用紙のほか、メールでも受付しています。

図書委員会の活動

各クラスから選出された図書委員が、全校生徒の充実した読書生活を支えています。
中学校1年生〜高校2年生までの縦割りで、隔週水曜日の放課後に委員会活動を行っています。(平成28年度)

カウンター当番

昼休憩中の本の貸出・返却は、図書委員がパソコンで行っています。
曜日ごとの当番制で、利用マナー・スキルの向上にも取り組んでいます。

返本・整理

返却された本は、分類にもとづいて図書委員が書架に戻していきます。利用者が本を探しやすいように整理・整頓を行います。

ブックハンティング(店頭選書会)

近隣の書店に出かけ、学校に入れる本を図書委員みずから考え、選びます。
年間1〜2回行っています。

展示・POP制作

おすすめの本をピックアップし、POPや掲示物を作って展示しています。
POP制作コンテストにも応募しています。

学園祭ビブリオバトル運営

本を通して人を知る・人を通して本を知る。
本校では国語の授業で知的書評合戦、ビブリオバトルに取り組んでいます。
クラス予選を勝ち上がった生徒は学園祭で決勝戦にのぞみます。司会やタイムキーパーなどの当日運営を図書委員が行います。

多読者表彰

毎年12月末に、その年の4月〜12月に多くの本を読んだ生徒を集計し表彰しています。
表彰された生徒には図書カードやしおりのプレゼントもあり、クリスマスのお楽しみになっています。

季節に応じたイベント企画・運営

季節や行事に合わせた本に親しむイベントを企画・運営しています。
これまでには、レシピ本を元に図書委員が作ったお菓子を貸出時にプレゼントする期間限定イベント(ハロウィン企画)や、図書委員が作った本にまつわるクイズにグループで取り組むライブラリーブックサーチなどを行いました(平成27年度)。
今後も主体的な企画に期待しています。

書架清掃合宿

年度末には学校に泊まり込みで校内中の書架から本を出し、清掃を行う合宿があります。
壊れた本をチェックしたり、ハシゴを使って天井近くの書架を拭いたりとすみずみまで図書館を磨きます。

みんなで食事を作って囲み、夜には映画鑑賞や勉強タイムもあり、1年間の委員会活動をしめくくる恒例行事になっています。

読む力・書く力・描く力を豊かに 本を通した多彩な表現活動

読書で得た感動や知識を、自分の心と頭を介して他者に伝えること。情報を編集して表現することを重視しています。
授業の中での取り組みはもちろん、読書感想文・読書体験記・読書感想画などのコンクールに参加し、好成績をおさめています。
そのほかにも、読書郵便の制作や新聞制作を通して、「読む」力に加えて「書く」「描く」力も養っています。

保護者の皆さまへ

校図書館は、保護者の皆さまにも開放しています。
諸行事で来校された折には、ぜひ書架の本を手にとってみてください。

また、貸出も行っています。貸出希望の方は、借りたい本を持って司書にお申し付けください。(5冊まで、2週間)