SUPER SCIENCE HIGH SCHOOL
探究スキルラーニング 授業紹介
2021.08.19UP

確率でプログラミング入門〜ガチャ作り〜

img_1
科目
数学
単元
確率
使用教科書・教材
オリジナル冊子
時間数
3時間

実際の試行で確率を収束させるためには膨大な試行回数が必要であり、生徒数が少ない学年にとって労力が大きい。この問題を解決するため、生徒にとって馴染みのある「ソーシャルゲームのガチャ」や「おみくじ」を作成する活動を通してプログラミングの基礎を学んだ上で、コンピュータ上で多数回さいころを振り、場合の数を用いた確率と統計的な確率について理解を深めた。

また、デバイスやアプリを動かすためのプログラミングではないが、中学校で行う初めてのテキストプログラミングということで、タグの13番「デバイスやアプリを活用するためにプログラミングを活用できる」を目標に掲げた。

環境はGoogle社が提供しているPython無料開発環境「Google Colabratory」を用いた。テキストコーディングであるHTML、CSSは既に昨年度技術の授業で扱っているが、プログラミング言語に触れるのは中学校の授業では初めてである。直後に学習するデータの分析を筆頭に、数学、統計、探究、情報等との接続を考えている。(担当:飯田)

【2021年4月実施】

ルーブリック

img_rublic

授業資料