教職員紹介

Teachers

Justin Swift

Justin Swift

ジャスティン スウィフト
英語

 Justin Swift is from Texas, U.S.A. He graduated from the University of Illinois Urbana-Champaign. There, Justin earned his Master’s degree in Music Education, developing a wide-range knowledge and understanding of both education and music. He contributes to our school not just as a native language teacher, but also by teaching students saxophone, trombone, and trumpet utilizing his musical expertise.

 For Justin, English is a vehicle for communication that is shared by a large number of individuals around the world. He believes it allows for the mutual exchange of ideas and opinions across countless cultures. Thus, communication is the most vital component in his class, during which we see students engaged in discussions on various topics. Justin says, “Just as teachers help students learn and develop, students help teachers grow, providing truly unique perspectives.” His classroom is indeed a place where individuals “grow together.” 

 His life goal is to work in Japan as a music teacher, publishing papers on music pedagogy as a professor down the line. Justin Swift’s favorite piece of music piece: Wagner, Elsa’s Procession to the Cathedral.

 アメリカ、テキサス州出身。イリノイ大学・アーバナ・シャンペーン校大学院で音楽教育を修了し、音楽、教育に関して卓越した知識を持つ。青翔開智ではNLTとして全学年の授業をサポートする他、その音楽理論を活かし、生徒にサクソフォーンやトロンボーン、トランペットなどを教えている。

 英語を、世界中の人々が共有する「コミュニケーションを取るための乗り物」と捉え、異なる文化間でアイデアや意見を交えることを可能にするものだと考えている。その考えの通り、授業ではコミュニケーションを最重視しており、活発に意見を交わす生徒たちの姿が見られる。教員が生徒の学びを助けるように、生徒もまたそのユニークな視点を共有することで教師が成長するのを助ける存在、と考える彼の授業は、まさに「共に成長する」空間である。

 将来は、日本で音楽の先生として働き、大学教授として音楽教育に関する論文を発表する夢を持つ。そんな彼が好きな曲はワーグナーの「エルザの大聖堂への行列」。