教職員紹介

Teachers

出田 涼介

出田 涼介

Izuta Ryosuke
国語

鳥取県鳥取市出身。名探偵コナン青山剛昌ふるさと館プレミアムマイスターNo.200。東京学芸大学教育学部(書道専攻)卒業後、故郷である鳥取に戻り教員に。青翔開智では主に中学生の国語の授業を担当し、現代文・古典に加えて書写指導も受け持つ。

ワクワクする瞬間は「文字を書くとき」。好きな文字である「開通褒斜道刻石の『開』の字」について「歪な造形、不安定の中にある安定した字形、どう足掻いても真似できない線質…最高です」と語る生粋の書道好きである出田。自身も毛筆8段・硬筆6段の腕前。彼の手に掛かれば、ともすると堅い印象を与えてしまう書写の授業も、生徒を巻き込み、そして引き込む「遊び場」と化す。

ライトノベルやゲームなどポップカルチャーを愛する、”playful”な人物。常に「遊び」と「学び」が一体となった授業を展開する、そんな出田の座右の銘は「楽しむためにはそれ相応の実力がいる」。