探究基礎

Investigative Learning

探求基礎

探究×デザイン思考
「あらかじめ用意された答え」がない問題に挑もう。

創造力をスパークさせ、鳥取そして世界の課題解決をチームで実行する力。こうした力を身につけるのが青翔開智の「探究基礎」の授業です。仲間と協力したり、自分でじっくり集中したり、とにかく楽しい夢中になれる時間。答えが1つとは限らない課題を見出し、自分でセイカイを導いていく新しい学びを始めましょう。
中学校1年生から高校3年生まで「探究基礎」を実施。デザイン思考を身につけ活用することで、現在そして未来の課題を発見し、解決する力を養います。

探究基礎の流れ

中学校1年生

探究基礎Ⅰ

プランニング講座
「鳥取市に魅力的な◯◯を創ろう」

プランニング講座では「創造する力」を育成することに重点をおいています。チームで協力し、地元鳥取にゼロから新しいモノを創る。革新に満ちたワクワクする授業が待っています。

探究基礎Ⅰ
  • 新聞記事の分析
  • フィールドワーク調査
  • ブレインストーミングによる企画
  • 本やインターネットを使った情報収集
  • 収支計画 地元の銀行によるレクチャー

最終プレゼンで選出された最優秀チームのプランを実現へ

2015年 テーマパーク 某有名ホテルに企画提案
2016年 カフェ 鳥取市内で1日出店チャレンジショップ史上、最高の売り上げを記録
2017年 美術館 鳥取市内の施設で期間限定OPEN
中学校2年生

探究基礎Ⅱ

課題解決型職場体験
「鳥取の経営者へ改善案をプレゼンしよう」

鳥取市内の地元企業を訪問し、「職業体験」をするだけではありません。『デザイン思考』を使って企業の課題を見出し、その解決プランを社長に提案します。すでにあるモノの課題を発見し、さらによいモノに改善する力を養います。

  • 仕事体験
  • 社長インタビュー
  • 従業員インタビュー
  • ユーザー行動観察
  • プロトタイプ制作
  • 企業への最終プレゼン

デザイン思考「デザイン思考」とは?

Appleの初期型マウスを手がけたIDEOが提唱する、課題解決の手法。日本の大企業でも導入が進んでいる。人々が求めているものを探し出し、デザイナーのように形にしていく。

企業に提案した課題解決プランが実現

生徒が考案した商品アイデアを元に地元特産品メーカーが商品化に着手。試作を重ねて若者向けの商品の販売が開始された。

鳥取市内の地元企業を訪問し、「職業体験」をするだけではありません。『デザイン思考』を使って企業の課題を見出し、その解決プランを社長に提案します。すでにあるモノの課題を発見し、さらによいモノに改善する力を養います。

探究基礎Ⅱ
探究基礎Ⅱ
探究基礎Ⅱ
中学校3年生

探究基礎Ⅲ

社会課題解決ゼミ
「世界の課題に目を向けよう」

『SDGs』の理解に始まり、チームで課題の発見と解決に取り組んでいきます。
内容や範囲を徐々に広げ、鳥取から日本、最終的には世界の課題に目を向けることを通して、グローバルに活躍するための素養を養います。

「SDGs」とは?

2015年に国連が示した、2030年に向けて世界を変えるための17の目標。貧困をなくし、人間と地球が持続可能な未来を追求するための行動計画。

SDGs

『SDGs』の理解に始まり、チームで課題の発見と解決に取り組んでいきます。
内容や範囲を徐々に広げ、鳥取から日本、最終的には世界の課題に目を向けることを通して、グローバルに活躍するための素養を養います。

探究基礎Ⅲ
探究基礎Ⅲ
高等学校1年生

探究基礎Ⅳ

データ分析+AI活用ゼミ
「人口減少を人工知能で解決しよう」

日本そして鳥取の人口が減少を続ける時代に突入しました。急激な人口減少は観光や産業、教育や社会福祉など、様々な領域で問題を発生させます。
人口減少によって生じる鳥取県内の課題を見つけ、その課題をAIをはじめとするテクノロジーを駆使して解決していきましょう。青翔開智生のアイデアで、鳥取の未来をワクワクする社会に変えませんか。

探究基礎Ⅳ

AI Dojo for Youths

東京大学発のAIスタートアップ企業Corpy&Co.が提供するエンジニア向けAI研修プログラム「AI Dojo」。その高校生向けプログラムを高校1年生で受講します。
AIの歴史にはじまり、AI技術でできること、また逆に人間でなければできないことを、ワークショップを通して学びます。さらに、自分たちのアイデアにAI技術をどう適用するかを考え課題解決のヒントを探ります。

AI Dojo
高等学校2年生

探究基礎Ⅴ

探究基礎修了論文

これまで身につけたデザイン思考や情報活用のスキルをベースに、課題を設定し個人で探究を深めていきます。自分の興味・関心と、『SDGs』 の要素に代表されるような社会的な課題との融合をはかり、集大成として個人論文を執筆します。完成した論文は図書館に所蔵され、ポスターセッション形式の発表も行います。

探究基礎Ⅴ
高等学校3年生

探究基礎Ⅵ

探究基礎から進路デザインへ

高校2年生で執筆した個人論文についてフィードバックを行い、追加実験や調査、加筆・修正を行います。5年間の探究基礎の内容をもとに、実現させたい進路を考え、卒業後のキャリアを主体的にデザインしていきます。

探究基礎Ⅵ

デザイン思考 5つのプロセス

1 共感 -Empathize-

1 共感 -Empathize-

地域や企業と自らコンタクトを取り、実際の現場を視察。ユーザー行動観察やインタビューといったフィールドワークを通して相手を理解し情報を収集。隠れたニーズは何かを探る。

2 問題提起 -Define-

現場から持ち帰った情報をチームで分析。問題を見極め、課題は何かを探し出す。

2 問題提起 -Define-
3 創造 -Ideate-

3 創造 -Ideate-

ポストイットやシンキングツールを活用して解決方法を模索。正解が一つとは限らない課題に対して多角的なアプローチで解決策を創造する。

4 プロトタイプ -Prototype-

多くの解決策から最適と思われるものを選択。企画書や模型等のプロトタイプを作り検証する。

4 プロトタイプ -Prototype-
5 テスト -Test-

5 テスト -Test-

探究基礎の集大成としてポスターセッションやプレゼンテーションを行い、フィードバックを貰うことで、次のステップへと繋げる。

青開学会

青開学会
青開学会

青開学会

毎年行われる探究基礎の発表会。外部評価者として教育関係者を招き、全校規模でポスターセッションやプレゼンテーションを行う集大成の場。

2019年度は2月15日に400名を超える来場者を迎え開催しました。ポスターセッションと学年代表による口頭発表を行い、活発に質疑応答が行われました。

平成30年度指定スーパーサイエンスハイスクール研究開発実施報告書・第2年次

平成30年度指定スーパーサイエンスハイスクール研究開発実施報告書・第1年次